toggle
2018-08-25

パミール屋根を葺き替えで修理する際のメリット・デメリット

パミール屋根を葺き替えで修理する際のメリット・デメリット

パミール屋根の修理をするにあたり、新しい屋根材に交換しようと葺き替えでの工事を選択するケースは少なくありません。
では、修理方法に葺き替えを選択することで、どんなメリットがあるのかご紹介しましょう。

・金属屋根の場合は総重量が軽くなる

金属屋根を使う場合に限りますが、パミール屋根の葺き替えを行うことで屋根の総重量が修理前よりも軽くなることがメリットです。
カバー工法の場合、既存のパミール屋根に金属屋根を重ねるので、どうしても屋根が重くなってしまいますが、既存の屋根を撤去するので重量を軽くすることができます。

・見えにくい部分の修理が可能

屋根の劣化は見えない部分に起きていることもあり、パミール屋根を剥がすことで見えない不具合を見つけ修理できることもメリットです。

・劣化した野地板の交換ができる

パミール屋根の下に敷く野地板も時間が経てば劣化し、軽量ストレート屋根は直張りとなるので、結露による劣化が起きやすいです。
葺き替えなら劣化した野地板も一緒に交換することができます。

・安心感が大きい

ボロボロで水をたっぷり吸収したパミール屋根を放置しておくのには不安があるでしょう。
葺き替えにより屋根材や野地板を新しくし、見えない部分も修理できるので、カバー工法よりも安心感は大きいと言えます。

 

カバー工法でのデメリットとは?

カバー工法による修理はメリットだけではなくデメリットも存在します。
後悔しないためにも、しっかりと理解してリフォーム方法を検討しましょう。

・屋根が重くなる

古い屋根材の上に新しい屋根材を敷くので屋根の重量が重くなってしまいます。
地震が発生した際、揺れの影響を受けやすいので耐震性が悪くなることがあるでしょう。

・屋根が劣化している場合、施工できない

屋根の内部が腐食している場合や、屋根材に劣化が見られる場合には補修することになるのでカバー工法を行えない可能性もあります。
そうすると葺き替え工法での修理となるので費用が掛かってしまうでしょう。

・メンテナンス費用が高くなる可能性がある

既存の屋根材の上から新しい屋根材を取り付けるので二重構造になります。
万が一、雨漏りなどの不具合が発生した際には原因部分を探すことが困難となってしまいます。
すると、修理費用が高くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

ご相談等のお問い合わせはこちらまで。

関連記事

コメント1件

  • Emanuel より:

    Hi, very nice website, cheers!
    ——————————————————
    Need cheap and reliable hosting? Our shared plans start at $10 for an year and VPS plans for $6/Mo.
    ——————————————————
    Check here: https://www.reliable-webhosting.com/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせはこちら